ハイプナイトはスッキリ起きられる?飲み方・副作用もチェック

通販で購入できる睡眠薬のハイプナイトをご存知でしょうか?
アモバンを改良して作られた薬で、睡眠薬特有の苦みが抑えられており服用しやすく、依存や副作用のリスクも低いことで人気の高い睡眠薬です。
今回はハイプナイトを詳しく紹介していきましょう。

ハイプナイトはどんな不眠症状に効果がある?

ハイプナイトはどんな不眠症状に効果がある?
ハイプナイトは睡眠薬のなかでも人気の高いルネスタのジェネリックで、短時間作用型の睡眠薬として分類されています。
短時間作用型とはその名の通り、効果の持続時間が短めの薬のこと。
ハイプナイトはおよそ4~5時間に渡り効果が持続します。
薬の切れが早いため、
「就寝時間になっても何時間も寝付けない」
「寝付いても途中で目を覚ましてしまう」

といった入眠障害や中途覚醒タイプの睡眠障害に効果を発揮し、翌朝も薬の効果を持ちこさずスッキリと起床できることから人気の睡眠薬となっています。

効果の秘訣は有効成分のエスゾピクロンです。エスゾピクロンは脳の興奮を抑制し、リラックスさせる働きがあります。これによって不眠の原因である不安や緊張、焦りなどを和らげ、気持ちを落ち着かせることで自然に近い眠りを促します。

ハイプナイトは依存性が低い?高い?

ハイプナイトは依存性が低い?高い?
ハイプナイトは非ベンゾジアゼピン系のお薬です。非ベンゾ系の睡眠薬は依存リスクが低い事で知られています。
一昔前の主流であったバンビツール酸系の睡眠薬は依存リスクが高く、医師でも取り扱いには細心の注意を払わなければならない程、薬剤調整が難しいものでした。
命を落とす危険性もあったバンビツール酸系の薬が改良され、ベンゾジアゼピン、非ベンゾジアゼピンの薬が登場。
とくに非ベンゾジアゼピンは安全面において大幅に改良されていて、睡眠薬の依存リスクの低減に成功しています。

ハイプナイトは副作用リスクも少ない?

睡眠薬による副作用といえば、筋弛緩作用によるふらつきや、健忘などがあります。

ふらつきは転倒を引き起こす原因となるため、高齢者などは特に気をつけなければならない副作用と言えるでしょう。
健忘とは薬を飲んだ後に、入眠までの出来事や中途覚醒時の出来事の記憶が無い事を指します。翌朝になって身に覚えのない行動の形跡がみつかり驚くことも。

現在睡眠薬で主流とされているのがベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系の薬ですが、非ベンゾジアゼピン系であるハイプナイトは睡眠薬特有の副作用のリスクも少なくなっています。

ハイプナイトの服用方法

ハイプナイトは就寝前に1mg~3mgを水かぬるま湯で服用します。効果の現れ方には個人差があるため、初めて服用する場合は1mgから服用し、自分にあった量を適宜調整していきましょう。
服用から30分~1時間ほど経つと効果が現れ始めます。
非ベンゾ系のハイプナイトは筋弛緩作用がなく、ふらつきなども少ない睡眠薬ですが、薬の服用後は速やかに床につき、安静にしておきましょう。

ハイプナイトの長期服用は安全?

様々なリスクが軽減されているハイプナイト。依存のリスクは低いとはいえ、やはり長期的な服用は避けましょう。
長期的に服用することで耐性がつき、身体がさらに強い睡眠薬を求めるようになり、薬に依存するようになってしまいます。
まずは不眠の原因を明らかにするということも大切です。またできるだけ睡眠薬に頼らず、睡眠前にリラックスする方法を見つけたり、軽めの運動で寝付きを良くさせるなど工夫をしてみる事もオススメです。
ハイプナイトは睡眠のためのひとつの手段として考え、賢く利用していきましょう。

更新日:

Copyright© 眠れない夜に睡眠薬|通販で購入できる眠剤って? , 2019 All Rights Reserved.